理系白書’09:挑戦のとき/10 国立がんセンター研究所研究員・大木理恵子さん

理系白書’09:挑戦のとき/10 国立がんセンター研究所研究員・大木理恵子さん

- 遺伝子明確化関心巨木Rieko(39)
過程がはっきりさせられるなら、また、癌に作るのを防ぐ戦略は、標準電池を変えて、異常増殖を繰り返しながら、癌で視界に入ります。 巨木がセルがまさしくそのであるそのように思うことによって異常になって、問い合わせた、分子レベルで癌に行ってください。 そして、6年が借入れで癌に関係づける3つの遺伝子のp53、Akt、およびPHLDA3は調べられました、そして、癌への作成のメカニズムははっきりさせられました。 結果は2月に米国科学雑誌セルの中で発表されました。
P53はセルのものが人工の癌であることを防ぐがん抑制遺伝子です、そして、Aktは、反対にセル癌を作るがん遺伝子です。 P53は司令塔になります、とそれが別の遺伝子に命令します、そして、抑圧セルのものが人工の癌であることを防ぐのが働きからがん遺伝子を理解していました。 しかしながら、p53の指示を受けて、動いた遺伝子の正体は謎でした。
巨木は、癌細胞で死んで、異常に増殖するポイントに注意を向けません。 細胞死が引き起こされて、扱われるのが、遺伝子PHLDA3によるp53の指示を受けた遺伝子であることが確かめられました。
しかしながら、単に治療法の達成のための遺伝子を指定するのは、不十分です。 「がん遺伝子がどう具体的に押さえられるかが理解されるなら、治療法の始まりは理解されます。 さらに、それはメカニズムをはっきりさせ続けます。 」それは話します。
神父は白血病でした、そして、母親は大腸菌の研究者でした。 しかしながら、巨木は、初めに大学に研究者を入れることによってなることを決定していませんでした。 コースとして、それは偶然芸術とマスコミへの関心が強かったのですが、それをひっくり返した4つの大学の年の読書分子生物学の教科書でした。
それは振り向きます、「それによって1個の分子からセルにおけるすべての現象が論理的にわかることができるのを知っていました」と言って。 「生物学はメモリ対象です」と思ったので、それは衝撃出くわすことでした。 それは、慎重であり、研究者になるのにおいて決心しています。 「研究者は、研究が本当に好きでないならできない職業です。 よく考えて決めてください。 」話していた母は、それが嬉しかったと言います。 大学院の学校に進んだ後に、二度週と実験室に滞在してください、と実験に関して夢中で言いました、そして、この結果に関連づけられた細胞死に関連した遺伝子と細胞増殖の研究は、繰り返して終わっていました。
年少者の大学院生と共に共同研究をするようになるので、それに気付きました。 それは優秀な学生のためのそうではありません。在職期限との研究雇用がコースで研究者を選ぶために増加するので、未来を疑わない傾向があるように。 女性の研究者のために、結婚を並立していて、また、子供を育てるので、心配する多くの声があります。 「それが上告される、それ、だれを研究者に強化するかと」 「自由に楽に研究できる環境が、中だけで必要ですが、体力と識者より優れた、若い時代と次の世代は重要であること」を子を生むサポート。
「1つの遺伝子の機能明確化は癌の打ち勝つのに関連します。 それは、そのような分子生物学研究の重要性と関心を若い研究者と共有して、研究を開発したがっています。 」吸収して、毎日は続きます。 【江口1】Itは隔週に=で発行します。
==============

- 人の小史

- 多く、rieko
埼玉県の川越市の来ること 97年間の東京の大きい大学院理科系研究科博士課程完成。 6月からの’02フィート現職。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/7 「性」持つものの運命 »
« 横浜国大、99.3%の精度でがん発見できる自動診断システム開発