横浜国大、99.3%の精度でがん発見できる自動診断システム開発

横浜国大、99.3%の精度でがん発見できる自動診断システム開発

【横浜】横浜国立大学大学院環境情報研究アカデミーの持っている湿地帯エキスポ教授のチームは、陽電子放射断層撮影装置(PET)とコンピュータ断層撮影法装置(CT)のイメージを結合して、99.3%の精度で癌細胞を発見できた自動診断システムを開発しました。 システムは、診断をkageに関するノウハウにすることによって、構成されました。数え上げるオリジナルの開発のイメージデータベース(dB)、プログラム言語を使用して、およびアルゴリズムを読んだ薬。 それであれば癌の診断の精度改良を予想できます。数え上げるkageの補助装置が投薬されるとき、それを使用します。
 PET?CTは、放射性ブドウ糖(FDG)と呼ばれる試験薬を注入して、体内分布をイメージにするものです。 癌細胞はセルの中で3–20回について標準電池と比べてブドウ糖を大いに取ります。 試験薬が蓄積した場所は、位置として癌の疑問をもってこのキャラクタを使用することによって、診断されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


理系白書’09:挑戦のとき/10 国立がんセンター研究所研究員・大木理恵子さん »
« がんを生きる:「哲学外来」で心ケア 患者・家族の悩み、医師ら耳傾け