がんを生きる:「哲学外来」で心ケア 患者・家族の悩み、医師ら耳傾け

がんを生きる:「哲学外来」で心ケア 患者・家族の悩み、医師ら耳傾け

- それは高い関心と様々な場所でそれを相次いでつかみます。「癌の哲学通院患者」のアプローチは広がりました。 それは去年の1月に順天堂診療所(文京区、東京)に癌患者の心配と願望を捕らえる試みを始めました。 それは今東久留米市、全国を通じて東京などの4つの場所で定期的に開かれます、そして、また、把持の動きは様々な場所に消えました。 NPO法人は今年の2月に設立されました。 通院患者は双方の予約で埋葬されます、そして、患者と家族の関心は高いです。 それは、患者の心の近くに描くために「癌の哲学通院患者」のアプローチを導入します。 【Etsuko Nagayama】

「病院の医師は質問に答えます。 しかしながら、この処理が続く時までにそれについて考えるとき、それは苦痛です… 」

昨年暮、東久留米市で40代に開かれた「癌の哲学通院患者」を訪問した卵巣癌を治療するのが行ったということであった女性では、ピンクのハンカチによる遠くでの人の涙は着色します。 リンパ節への転移は、07年の秋に作動しましたが、見つけられて、抗ガン剤を扱い続けました。 点検数値に関して、向上しません、そして、また、足の膨張もひどいです。 保育士の仕事も、いとまごいすることです。 私は非難されました、「また、私がそこで当てにし過ぎる5月は、扱っている間に働いていた人でした」と言って。 癌の哲学通院患者はそのような時に知り合われました、そして、それはすぐに、適用されました。
静かに女性の話を聞き続けていた通院患者の提案者であった順天堂大学(病理学と腫瘍(腫瘍)研究)の溝のnokyouottoと教授は和らぎました、そして、女性の表現は和らぎました、話すとき「それがどんな回り道にも重要であるということです」と言って。それは、今や、自分自身の関心を気にするだけでよかったです。’人生イバラの道にもかかわらず、御馳走になってください’前述であり。それが健康であったとしても、苦痛です。
溝分野教授は願望を持つようになって、「人は必ず死ぬこと」が、長い間病理学者としてあらゆる日の正反対を残りに費やしながら、強くゆったり過ごされます。 費やされた病気で共存している間、実現して、人生はかなりですか?07年のがん対策実施の基本法則によってまた、Thereは社会の癌への関心の上昇でした、そして、それは考え、「癌患者と家族にとって反対になりたがっていること」を来ました。

アプリケーションはトライアルとして初めに「それは人気がない」と思われた順天堂診療所を流れ出させました。 さらに、ボランティアは自己にその領域への設立を通院患者に紹介しました。 かしらの撮影が請求する現在の通院患者の溝分野教授。 処理条例は完了していません、そして、およそある時間は費やされます、そして、患者と家族の話は聞かれます。 家は患者が人の帰りを「故意にとても医師がいる多くについて話すのにおいて可能であるのは、1番目です」と充足感を保持し始めます。
NPO法人「癌の哲学通院患者」は、今年の2月に通院患者のアプローチを全の国に広げるために設立されました。 設立記念シンポジウムが今月、9日の東久留米市で行われました。 約120人は集まりました、そして、それは様々な場所と患者の話の通院患者を担当して人の言うことを聞きました。
横浜市で通院患者事務局を担当する溝口修(61)「それは病院からの大気異なるのによる通院患者のためにステーションの周りの喫茶店としてそのようなものを開いて、病院で話すことができない患者の真意を引き出すことができるように思えます。 患者の心の近くに描くのを助けたいと思います。 」それは話します。
それですが、十分な判断が詳細であるつもりでした。私は、あなたが通院患者がいればさまざまにアレンジできない心配を聞いたと考えます。または、道徳、[ほら穴に住んでください; yuuko]という乳癌を経験したフリーランスの作家の(64)、「Thereが医療の適用範囲経験であり、気持ちが私の場合にすることができて、どちらの..gettingもしないのがそらした、 zutte、」Itは話しました。
今年の9月にNPO法人のようにブランチNo.1によって長野県の佐久市に設立されると予想されます。 溝分野教授「医療人への時間正反対は癌患者の多くに制限されます、そして、医療は状態が欠点です。 癌の哲学通院患者は、患者の医療の入り口は受けることがあると考えます。 」。

==============

- 定期的に開かれた通院患者への問い合せ

横浜癌の哲学通院患者事務局(横浜市)

mizo38@rose.ocn.ne.jp

東久留米癌の哲学通院患者事務局(東久留米市、東京)

higashikurume.gg@gmail.com

オーク癌の哲学通院患者(癌患者、家族統合サポートセンター、および千葉県のオーク都市)

電話04・ 7137・、 0800

八戸癌の哲学通院患者(青森県の八戸市)

電話0178・ 70・5510 (木だけ:、月曜日と火曜日)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


横浜国大、99.3%の精度でがん発見できる自動診断システム開発 »
« 医療フォーラム:「がんを理解しよう」 24日に大阪で