医療フォーラム:「がんを理解しよう」 24日に大阪で

医療フォーラム:「がんを理解しよう」 24日に大阪で

医療人権はCOMLを中心に置きます。医療が患者の見地から開いたNPOが要求されている、「お互いを支持してください、」 ドーンで「病気のなじみ深い’癌’を理解しようこと」が24日の午後2時に大阪市の中心に置く(大手企業中央区の前の1時3分49の前)医療フォーラムを開きます。 Keiichi中川、毎日新聞で「nkara死生は見られる」、パリアティブ・ケアの権威、およびtakedabunwaを連載している東京の大きい付属病院の准教授、および埼玉医科大学の客員教授は癌に関する正しい知識と通信式教育法を説明します。 あらかじめ、入会手続料はItが電話で適用する料金の物質的ななど(06・6314・1652)、ファックス(06・6314・3696)またはメール( coml@coml.gr.jp )のように2000円です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:「哲学外来」で心ケア 患者・家族の悩み、医師ら耳傾け »
« 今年の抗がん剤市場は6186億円に拡大見込み