今年の抗がん剤市場は6186億円に拡大見込み

今年の抗がん剤市場は6186億円に拡大見込み

最近、2009年の国内の抗ガン剤の市場スケールは、6186億円(マーケティング会社(東京中央区)の富士経済への前年と比べた561億円の増加)を予想するために来ると思われた調査結果を発表しました。 場所17年末のフェアスケールに関して、それが9800億円、08年と比べた74.2%の増加になって、将来さらに、広がると予想されると予測されます。

調査は6のために癌の関係と栄養剤の薬として実行されます、2におけるなど国内市場–今年の4月。 抗ガン剤は癌の関係の薬の1つとして抗癌のホルモン薬、分子標的薬、代謝拮抗物質、微小管阻害剤、白金製剤、抗癌の抗生物質、および免疫強化剤などを狙いました。08年の抗ガン剤市場は5265億円、前年と比べた7.7%の増加です。 前述であり、同社によると、「併用療法の調整拡大と研究が進歩をするのに従って結果を広げる多くの製品がある」ということです。 新製品の発売は分子標的薬への市場拡大を支援しました。 白金製剤による分析されています、「トップブランド(ヤクルト本社)の’Ellプラット’はコロンと直腸癌の多剤併用療法を定めることによって、結果を広げた」ということです。

癌の関係の09年間の薬の市場スケールはそうです。7075億円(8.1%は前年と比べて増加する)期待。 抗ガン剤はこれらの中の6186億円(10.0%は前年と比べて増加する)です、そして、全体の同じ市場の87.4%を占めると予想されます。 それは想定されます、そして、抗ガン剤の市場が9800億円17でなると予想されて、同社で「化学療法の位置は新薬の開発と併用療法の研究の進歩で上ります、そして、患者を管理する抗ガン剤の数が将来増加するだろうと予想されます」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療フォーラム:「がんを理解しよう」 24日に大阪で »
« 今年の抗がん剤市場は6186億円に拡大見込み