classの津久井克行が胆管がんを告白

classの津久井克行が胆管がんを告白

男性が「夏の日の1993」のヒットで分かるのを知っている2人のクラスデュオのクラスと引くことのチューブ癌の(49)が受けている津久井**gyouは17番目を理解していました。 それはこの日に審査員を務めた「バンドのフェスティバル関東の集会神父」によってざんげされました。 それが今定期的に1週間に一度病院に行くことが示されて、それは抗ガン剤を管理し続けます。今年、2月19日に、通知を受け取るために、それはあります。 腹の状態が悪かったときに、病院に行くとき、腫瘍(腫瘍)は見つけられました。 それはかなり進歩をした状態でショックを与えました。 操作は、して、約2週間入院しません。 医師、「桜の花は見られないかもしれないこと」によって、それですが、厳しい状況が全身などへの黄疸(oudan)の外観であったと言われます。「抗ガン剤は強力でした。 痛みがありません、そして、状態は現在、良いです。 」それは解決されます、そして、回復します。
処理への集中が音楽を続けるように、それは選ばれました。 初めにいなくなったすぐ後に、それは、3月の病院についてアルバムの生産を「16年と日」始めました、そして、3週間で、完成しました。 「それはするこれがものでなければならない考えでした。」 「アルバムの昨年と別れの歌の新しい仲間に気付きました。」岡崎も。殿。 そうしたSatoshi(49)はそれを受け取りました、確実な状態で、気付かれています。 「持っているかどうかが、何でそのような湿気の多い歌を置いたか、そして、滑稽な話になっ」て、願望は置かれました。
津久井が一生懸命働くのは、審査員を務める父親バンドフェスティバルです。 この日の表彰式は「本気で音楽を愛好するパワーと勇気を持っていました」です。 「それは、全の国のすべての地区集会に始めて、ライブで発表されます。」 夏の明治のJingu Outerガーデンズ花火外観は決められました。 津久井「まだしている多くのことがあります。 それはいつも生きてい続けます。 それは奇跡を起こします。 」。それは癌と戦っている間、歌い続けます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


全国巡回がんセミナー 「検診受けて早期発見!」 6月26日 松山市総合コミュニティセンター »
« がん保険選びのポイントとは