<がん検診>無料クーポン配布 女性850万人に 厚労省

<がん検診>無料クーポン配布 女性850万人に 厚労省

厚生労働省は本年度に伸び悩んでいる癌の診察の受診率を上げるために全の国の物の年令の約850万人の女性に診察の自由なバウチャーを分配する政策について決めました。 物の子宮頸(Kei)は、癌と乳癌です。 両方が初期段階に発見されるなら、回復する可能性は高いのですが、受診率は約20%に残っています。 国。がん対策。販売促進。基本的。計画してください。終わってください。癌。診察。相談。評価してください。目的とします。これ働いてください。診察。承認。改良。目的としてください。

子宮子宮癌は、癌が可能性ですが、見つけられて、物がそれであると仮定した年齢層が高いということであり、20、25、30、35であり、40歳です、そして、乳癌は40、45、50、55、および60歳(ともに、数年の老人のために年度2009を洗い張りする)です。
診察は約10分で終わるでしょう、そして、無料でそれを実行する自治体もあります。 しかしながら、子宮子宮癌は21.3%です、そして、乳癌は20.3%における、07年の診察受診率に残っています。 それが有効性も診察の内容も知られていないという受診率の停滞の原因であると思われます。
したがって、厚生労働省は、クーポンに伴う癌の知識の基本の内容、診察、および意味を一緒にもたらす「診察紙入れ」を分配するのを計画しています。 合計で約216億円は年度2009に補正予算案までまとめられます。
がん対策販売促進部屋が話している厚生労働省、「第一に日本の癌のため死者の数を減少させるので、診察は死因の有効な手段です」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子宮頸がん」(3)輸血でC型肝炎に感染 »
« がん闘病鳥越俊太郎氏が清水国明がん取材