がんでも明るく行こう 伏見でチャリティーイベント

がんでも明るく行こう 伏見でチャリティーイベント

今年。してください。癌。支持します。日。6月。前方に。京都。市。京都。健康はセンターです。付属。京都。看護。産学複合体。群がってください。乳癌。経験します。才能。山田。女優。二度。参加してください。チャリティー。出来事。提供してください。
「癌のデーはお互いを支持します」が非営利団体を法人組織にした記念日である、「Kyansa-ribonzu、」 呼ばれる東京について。 さん/さん 山田がいた、法人、この委員会であり、「混ぜられたスターは、コーラスを声に出すこと」が自発的に導かれている状態で、それが関与しました。さん/さん 山田は、同じくらいのディレクターが中心に置く誠藤井商品と癌患者と家族のような約350人の関係者などでの会談です。体験談は発表されました、そして、それは笑いと共に奨励されました、「また、それが癌の大きい国であったので、それは同じそれが人に呼ばれていたのが最もうれしい病気でした、’安全であること’は明るく行きましょう」と言って。
「また、コンサートがあった、」 「あなたによる重要ななど」 ..歌を書く構成を渡します。渡したい、自発的に、「ドレミの歌」、コーラスメンバーのMiyoko Omomoものと共に二度「癌はお互いを支持する」という称賛、およびテレビタレント他の歌として、渡しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【イタすぎるセレブ達】マイケル・ジャクソン、皮膚がん発症か。 »
« がんの痛み 患者主体で対処