がんの痛み 患者主体で対処

がんの痛み 患者主体で対処

また、数値で示すのにおいて、ドラッグシステム鎮痛薬はレベルを管理します。鎮痛薬種類と投与量が多くの場合適切であるなら、癌患者の約70パーセントがそれを感じる痛みを緩和できます。 しかしながら、患者が正確にそれの医師への痛みについて説明して、タイミングをよく取るのは、不可欠です。
また、入院患者は2006年の終わりのモルヒネなどのドラッグシステム鎮痛薬の管理を認めました、そして、患者は、より独自に痛みに対処できて生まれました。
-
癌は成長します、そして、周囲の内臓、骨、および神経は押されます、そして、痛みは引き起こされます。 さらに、痛覚の神経は痛みの過敏な反復感じになります、そして、私は同じ痛みが、より強いと感じるようになります。
十分、および痛みは鎮痛薬のようにそうです。それが..weakから痛みを使用するなら、緩和効果が下落します。「早期治療に関して」Itが重要性について説明すると感じませんでした。. 辛抱はタブーです。
「しかしながらと、感じるのが、様々である痛みの方法で、人に頼っています」「鼓動してください」と「貫いて」「それは遅く」、「無感覚になってください。」 不眠と、拒食症と、不安、および痛みに見えるのがライブに与える悪影響は、個体変異であり、薬の量について決める痛みの強さのように点検で客観評価ができません。
パリアティブ・ケア薬が仮定するために試験済みである、「10」であり、現在の痛みと処理の効果が数の上で表現されて、その人が人生への悪影響が処理でどうそれを改良したかを確かめるので、患者が感じる痛みを理解する我慢強い最大の痛みにおいて、想像可能です。 それはモルヒネなどのドラッグ要素がそれが副作用を抑圧する、それ、および薬に入る強い鎮痛薬便秘に切り替わります、そして、(嘔吐)を吐いて、などは加えられます。
さん/さん Matobaによる「医師が欲しいです」と、=が呼んだということです。患者の先のアレンジメントはポイントに面があります。「明確に症状を訴えるために、」 テーブルは=に参照をつけます。
-
また、激痛がすぐ薬が定期的に飲まれても突発しながら現れるかもしれないので、20分か30分に利く薬を飲むのも重要です。 しかしながら、また、ドラッグシステム鎮痛薬は病院にそれが金庫で厳密に保たれたので、看護師が忙しい区で容易に薬を飲むことができなかったという問題を持っていました。
厚生労働省は医療機関のために12月、’06フィートでそこでドラッグ管理マニュアルを改訂します。 「患者は痛みの取り薬の状況、時間などを記録できたこと」次第で患者が病室に必要最小限のドラッグシステム鎮痛薬を保つことができるのはさせられました。

さん/さん Matobaが外に指す、「それが処理である、重要である、私の痛みのコントロールであり、また、患者には自己管理におけるそのような考慮があるという目的がある、」

言うポイントArticle10が、癌で痛みます。

〈1〉それが最初に痛みを感じた時、いくらがそれを続けているかがありますか?

〈2〉どこ)、苦痛ですか?

〈3〉痛みが強くなる、何をしますか?

〈4〉して、痛みをすることが、簡単になるなら?

〈5〉口答するなら、それはどんな痛みですか?

〈6〉今日想像可能で、最大の痛みのように苦痛な「10」としてどのくらいの数値がありますか?

〈7〉人生による痛みでそれを当惑させます。

〈8〉鎮痛薬などを扱いながら軽くなることによってそれを当惑させると、それはどのように改良されましたか?

〈9〉どれくらい早く、鎮痛薬が飲まれた後に、効果が出始めるか、そして、どのくらい続きましたか?

〈10〉それは鎮痛薬でしたか、そして、副作用がありましたか?

(前のHiroshi Matoba指揮)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんでも明るく行こう 伏見でチャリティーイベント »
« 清水國明 がんと激闘26日間の記録放送へ